(一社)日本浪曲協会公式サイト

葵わか葉

浪曲師

参与 葵わか葉(あおいわかば)
出身地
長崎県 対馬郡 峰町

浪曲に入ったきっかけ
峰の役場に教育係で務めていた父方の叔父に、大きな声が出るから浪曲になりなさいと言われてなりました。師匠も、ちゃんと叔父が大阪の大隅輝子師を決めてくれました。

師 匠
大隅輝子(広沢駒造派)

入門年月日
昭和33年

襲名・改名・名披露目
入門直後は大隅ときわ、三カ月ほどで峰ときわとなりました。昭和43年、歌舞伎座で「葵わか葉」として昼夜興行で看板披露

古典演目
女国定  三十三間堂棟木の由来  野狐三次少年時代 耳なし芳一  唄祭り天竜しぶき  海の男  真柄のお秀  小栗判官  甘酒茶屋  恋の田原坂  雪の夜話  元禄華吹雪  天竜下れば  荒城の月  千代と云う女ありけり  誉の名刀  母を尋ねて幾年ぞ  川島芳子   縁結び

新作演目
義経主従  琵琶湖渡り  恩讐青の洞門  無法松の恋  千姫さま






a:3819 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

無料カウンターCOM自動車保険無料オンラインカジノゲーム