芸名

木村 勝千代(きむら かつちよ)

生年月日

4月27日

出身地

山梨県

師匠

木村松太郎

入門のきっかけ

10歳の時に、二葉百合子先生の歌謡浪曲「岸壁の母」を聴いて号泣。「これを覚えればテレビに出られる」と父親に言われ、一席覚えて地元の会で披露。「本職に習った方がいい」と勧められ、師匠である木村松太郎の「奇行会」に紹介されて入門。

入門・初舞台・木馬亭初出演の年月日

  • 入門:昭和52年
  • 初舞台:昭和53年 木馬亭
  • 木馬亭初出演:同上

演目

  • 古典演目

【木村派古典演目】

「慶安太平記〜善達箱根山」「慶安太平記〜吉田の焼き打」「慶安太平記〜三島宿 」

「慶安太平記〜皿廻し」「慶安太平記〜正雪と外松久太夫」

「慶安太平記〜正雪と牧野弥右衛門」「天保六花撰〜河内山宗俊」

【木村松太郎演目】

「宇都宮釣天井」 「芝浜の革財布」「小猿七之助〜品川宿」「子は鎹」「五郎政宗孝子伝」

「出世の刃傷」 「越後伝吉」

【その他古典演目】

「清水次郎長伝〜お民の度胸」 「壺阪霊験記」

  • 新作演目

「武田信玄」(芝 清之作)

【自作演目】

平和を願う演目(児玉辰春原作絵本より):「真っ黒なおべんとう」「伸ちゃんの三輪車」

「よっちゃんのびー玉」

創作落語:「化かされ侍」(清水一朗作)より「鬼の涙」(三遊亭圓窓脚色) 「まつり浴衣」「相合舟」

町工場の匂いのする演目(上野歩原作小説より) :「削り屋」 「墨田区吾褄町発ブラックホール行き」

御伽草子より: 「鉢かづき姫」「一寸法師」

サイトリンク

発売されているCD/DVD

  • CD 浪曲「伸ちゃんの三輪車」