日本浪曲協会が法人化し新しい組織となって丸6年が経過いたしました。これからの浪曲界を担う世代が育ちつつあり、また浪曲に魅かれ入門してきた若者も増えました。一世風靡した、花ひらいた頃の浪曲に魅かれ、その王道を学びたいと言う若者も増えて参りました。その影響もあり、客席にも若い方の姿もみられるようになりました。個性豊かな会員の活動もあり、多方面にいい風が吹いています。
大衆演芸である浪曲は、時代と共に移りゆくものです。演者、曲師、お客様、ネタは当然に変わっていきますが、浪曲にはけっして変わらない独自の芸があります。それらを、過去から未来永劫へ、師匠から弟子へと繋いで行くのが私たちの使命だと思っております。みなさま、どうぞ浪曲を、協会を御支援下さいますよう、よろしくお願い申しあげます。

2019年7月(一社)日本浪曲協会
会長 東家三楽