芸名

玉川 太福(たまがわ だいふく)

生年月日

昭和54年(1979年)8月2日

出身地

新潟県新潟市

師匠

二代目 玉川福太郎

入門のきっかけ

ダウンタウンに憧れ上京した青年は、東京で演劇の世界に出会い、”生の舞台”の魅力に目覚める。その後、演芸の魅力を知り、落語の面白さに驚き、最後は浪曲のジェットコースターのようなダイナミックな表現に、頭の芯から心の真ん中まで貫かれた。「こんなに面白い話芸はない」と入門。12年以上経った今、その気持ちにますます強い。

入門・初舞台・木馬亭初出演の年月日

  • 入門:平成19年(2007年)3月入門
  • 初舞台:
  • 木馬亭初出演:平成19年11月10日

襲名・改名・名披露目

  • 名披露目:平成25年(2013年)11月

受賞歴

平成27年(2015年)渋谷らくご創作大賞

平成29年(2017年)第72回文化庁芸術祭 大衆芸能部門新人賞

演目

  • 古典演目

忠臣蔵:義士銘々伝「不破数右衛門の芝居見物」「大石東下りより 竹林の粗忽」
義士外伝「陸奥間違い」「誉れの三百石」

侠客伝:

天保水滸伝「繁蔵売り出す」「繁蔵と平手の出会い」「鹿島の棒祭り」「笹川の花会」「蛇園村斬り込み」「平手造酒の最期」「繁蔵の最期」
清水次郎長伝「石松代参」「次郎長と法印大五郎」「次郎長出立」「秋葉の仇討」「名古屋の御難」「勝五郎の義心」「長兵衛の義侠」「お蝶の焼香場」「久六とおしゃべり熊」     「久六の悪だくみ」「次郎長の計略」「大野の宿場」「代官斬り」「石松金比羅代参」「石松三十石船道中」「石松と見受山鎌太郎」「石松と都鳥」「石松と七五郎」「閻魔堂の欺し討ち」(現在、次郎長伝連続読みを、順次ネタおろしで継続中)
国定忠治「山形屋乗り込み」

武家物:「阿漕ヶ浦」「太閤記 日吉丸」「太閤記 長短槍合戦」「寛永三馬術 梅花の誉れ」「西村権四郎」「松坂の宿」「亀甲縞の由来」「那須与一」「茶碗屋敷」
御家騒動物:「慶安太平記 箱根山」「慶安太平記 外松久太夫」
相撲物:「阿武松緑之助」「越の海勇蔵」「梅ヶ谷江戸日記」
世話物:「青龍刀権次(全6席)」「天保六花撰 河内山と直次郎」「左甚五郎 龍刻み」「祐天吉松(五席※ネタおろし継続中)
怪談物:「権三と助十」
出世物、その他:「紺屋高尾」「中村仲蔵」「大浦兼武」「原敬の友情」「出世の草鞋」「五郎正宗少年時代」

  • 新作演目

「銭湯激戦区」
「自転車水滸伝~ペダルとサドル」「サドルの最期」
「地べたの二人」シリーズ:「10年」「おかず交換」「湯船の二人」「配線ほぐし」「道案内」「おかずの初日」「夏の虫」「深夜寄席」「骨付きチキン」「上空の二人」「脱衣所の二人」「夜の煙突」「新年」(シリーズ継続中)
「三ノ輪橋とか、くる?」「ラーメンみや古」「コマイ」「万引き
「本番、10分前」「第3回ソーゾーシー」
「行ってきました物語シリーズ(大阪編、阿倍野フェス編、空港編、寝台列車編、2018編、佐渡ヶ島編etc」
「武春師匠の思い出」
「太福弟子入り物語~浪曲師になっちゃった~」「玉川祐子伝」
「高齢出産のお話」
「ああ、もう、本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に、良かったぁぁぁ」(以上、全て自作)
「悲しみは埼玉に向けて」「宇宙瞑想曲」(作・三遊亭円丈)

【任侠流れの豚次伝(作・三遊亭白鳥)】
「第2話 上野掛け取り動物園」「第3話 任侠流山動物園」「第5話 天王寺代官斬り」「第6話 男旅牛太郎」

【男はつらいよシリーズ】
「寅さん故郷へ帰る」「恋する寅さん」(第1作)(原作・山田洋次 脚本・大西信行)」
「続・男はつらいよ(第2作)」「男はつらいよ(第7作)奮闘編」「寅次郎恋歌(第8作)」
「柴又慕情(第9作)」「寅次郎夢枕(第10作)」「旅と女と寅次郎(第31作)」「寅次郎心の旅路(第41作)」
以上すべて、原作・山田洋次 ※全作浪曲化挑戦中!

「浪花節じいさん」(作・稲田和浩)
「豆腐屋ジョニー」(作・三遊亭白鳥)
「人情深川夫婦甘酒(作•飯田豊一)」
「南方熊楠伝 (連続2席 作•行田憲司)」

そのほか、天気予報、身辺雑記、「(ご依頼による)〇〇一代記」等、多数。

自己PR

20人のお座敷から、2000人の大ホールまで、全国を飛び回ってます。独演会は年間50公演以上、年間口演数は450席ほど(2018年)。
古典・新作・身辺雑記から「男はつらいよ」浪曲化、すべて「玉川太福の代表作」とするつもりで取り組む日々。が、なかなかそうもいきません。浪曲への入り口としての魅力も、奥深い芸の道も、一生かけて高めたい。
2019年2月より、(公社)落語芸術協会会員として、落語の寄席にも出演中。2019年4月から全国ネット(JFN系列)のFMラジオ「ON THE PLANET」レギュラーパーソナリティ。そのほか、「浪曲十八番」(NHKラジオ)「浪曲特選」(Eテレ)「笑点」(日テレ)など多数。2016年より「にいがた観光特使」。

サイトリンク

発売されているCD/DVD

CD「創作浪曲 南方熊楠伝(前・後編)」
DVD「新世紀浪曲大全 玉川太福」(クエスト)
CDブック「やる気がでる 外郎売CDブック」(自由国民社)
CD「浪曲 玉川太福の世界」新作編・古典編(ソニー・ミュージックダイレクト)